ARCHIVE過去の展覧会

山本容子展―時の記憶―"
山本容子展―時の記憶―

「私が40代半ばだった'02年、ザ・ギンザのスキンケアが誕生したその時、私は人生で一番忙しい時代を過ごしていました」

※エクラ2018年12月号

山本容子さんとザ・ギンザの出会いは、ちょうどこの頃にさかのぼります。この度、17年の歳月を経て、山本容子さんとザ・ギンザが再び出会いました。

ザ・ギンザは、山本容子さんの生き方、美しい時の重ねかた、その世界観に共感しています。山本容子さんが積み重ねてきた時。ザ・ギンザが積み重ねてきた時。

双方に想いを馳せ、2001~2002年に制作をした「 Bon Voyage わたしの時間旅行」より「山本容子展 時の記憶」を開催いたします。どうぞごゆっくりお楽しみください。

株式会社 ザ・ギンザ

イメージ1 イメージ2

山本容子展―時の記憶― Yoko Yamamoto×THE GINZA

会期
2019/3/4(月)~4/14(日) 11:00~19:00 (3/8・18 休館)
会場
ザ・ギンザ スペース
104 - 0061 東京都中央区銀座5-9-15 銀座清月堂ビルB2F
Tel : 03-5537-7825
主催
株式会社 ザ・ギンザ

PROFILE

山本容子(やまもと ようこ)

銅版画家 山本容子(やまもと ようこ)

1952年埼玉県生まれ、大阪育ち。京都市立芸術大学美術学部西洋画専攻科修了。都会的で軽快洒脱な色彩で、独自の銅版画の世界を確立。絵画に音楽や詩を融合させるジャンルを超えたコラボレーションを展開。数多くの書籍の装幀、挿画をてがける。「山本容子の美術遊園地」展は全国10カ所の美術館を巡回、「不思議の国少女たち-山本容子のワンダーランド」展はふくやま美術館、埼玉県立近代美術館で開催され話題をよんだ。さいたま市・鉄道博物館のステンドグラス、東京メトロ副都心線新宿三丁目駅のステンドグラスとモザイク壁画など各地でパブリックアートを制作。ライフワークのひとつに医療現場における環境の提言として〈アート・イン・ホスピタル〉にも取り組み創作活動の場を広げている。

公式HP:山本容子美術館LUCAS MUSEUM https://www.lucasmuseum.net/

TOP