EXHIBITION

onoderayuki_ttl.png

9/8(火)から11/29(日)まで、ユミコチバアソシエイツと共同で、世界的に活躍する写真家・オノデラユキの個展を開催します。

onoderayuki_shirt1.png
「古着のポートレート No.1」1994年
ゼラチンシルバープリント 115×115cm

1993年に渡仏したオノデラは、1995年に発表した「古着のポートレート」シリーズで注目を集め、以来、写真表現の可能性と領域を拡張する実験的な作品を次々と手掛けてきました。 「古着のポートレート」は、クリスチャン・ボルタンスキーの個展「Dispersion (離散)」(1993年)で展示されていた古着を10フラン払って袋一杯持ち帰り、モンマルトルのアパルトマンから見える空を背景に撮影した作品です。生と死、ファッションと身体、個人のアイデンティティとコミュニティの歴史など、様々な文脈からの解釈が可能で、オノデラの多義的な制作の出発点となった記念碑的作品です。
本展では初出より四半世紀の節目に、全52作品のうちオノデラ自身が厳選した15点を一堂に展示し、そのタイムレスな価値を問い直します。瞬時に情報が消費されていくデジタル社会において、時を経ても色あせない物の存在価値を再確認する試みです。
また、暗闇で2台のカメラを向かい合わせ、被写体である片方のカメラのフラッシュ光だけで撮影した「camera」(1997年)も合わせて展示します。高低差のあるザ・ギンザ スペースの空間的特徴を活かし、写真が生まれる瞬間とタイムレスな存在に昇華した瞬間を対比して見せる、空間構成も見どころの一つとなっています。

ユミコチバアソシエイツ(新宿)では、オノデラの最新作を展示します。オノデラの出発点と、25年の時を経た現在とを同時にご覧いただける稀有な機会です。

onoderayuki_shirt2.png
「古着のポートレート No.13」1994年
ゼラチンシルバープリント 115×115cm
onoderayuki_shirt3.png
「古着のポートレート No.38」1996年
ゼラチンシルバープリント 115×115cm
onoderayuki_shirt4.png
「camera No.5」1997年
ゼラチンシルバープリント 50×60cm


オノデラユキ FROM Where

会期: 2020年 9/8(火)~ 11/29(日)11:00~18:00 (9/14,10/19,11/16 休館)
会 場:ザ・ギンザ スペース
    www.company.theginza.co.jp/space/
    〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-15 銀座清月堂ビルB2F 
Tel : 03-5537-7825
主 催:株式会社 ザ・ギンザ
    www.company.theginza.co.jp

共同開催 オノデラユキTO Where
会 期:2020年 9/8(火)~ 10/10(土)12:00~18:00 (日.月.祝 休館)
会 場:ユミコチバアソシエイツ
    〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-32-6 パークグレース新宿 #206
Tel: 03-6276-6731 
www.ycassociates.co.jp

PROFILE

オノデラユキ
1962年東京生まれ。1991年第1回「写真新世紀」受賞。1993年、細見画廊(東京)での初個展後、渡仏。以後、現在までパリ在住。
主な個展
ツァイト・フォト・サロン(1995,1999,2001,2002,2004,2006,2008,2010,2015/東京)、フランス・モード研究所(1995/パリ)、群馬県立近代美術館(1999)、国立国際美術館 (2005/大阪)、上海美術館(2006)、ネイリーヒト・アートセンター(2008/ルクセンブルグ)、東京都写真美術館(2010)、ソウル写真美術館(2010)、国立ニセフォール・ニエプス美術館(2011/フランス)、MABA国立アートセンター (2014/フランス)、 ヨーロッパ写真美術館 (2015/パリ)、ヴァンガード・ギャラリー(2018/上海)ほか。
主なグループ展
「揺れる女/揺らぐイメージ──フェミニズムの誕生から現代まで」(1997/栃木県立美術館)、「所与と偽り」(1998/フランス国立写真センター/パリ)、「日本の現代写真」(1999/ベルリン現代美術センター)、「不完全な歴史」(1999/ヒューストン写真センター)、「イリュージョン」(2001~02/ストックホルム文化センターほかを巡回)、「六本木クロッシング」(2004/森美術館)、「MOTアニュアル2005-愛と孤独、そして笑い」(2005/東京都現代美術館)、「フィギュール・オブ・シンキング」(2007/シカゴ・カルチュアル・センター)、「Elles」(2009/ポンピドゥー・センター/パリ)、「上海ビエンナーレ」(2010/上海美術館)、「ダンシング・ライト」(2014/ハイスマルセイユ写真美術館/アムステルダム)、「より若い世代の日本現代写真」(2015/ポール・ゲッティ美術館/ロサンゼルス)、「日本写真--戦後から現在まで」(2016/サンフランシスコ近代美術館)、「動きを求めて:マイブリッジ、ロダン、オノデラ」(2017/静岡県立美術館)、「密かに/探求の目」(2018/シンガポール国際写真フェスティバル)、「白と黒:写真の美学」(2020/グラン・パレ)ほか。
「木村伊兵衛賞」(2003)、「ニエプス賞」(2006/フランス)、「芸術選奨文部科学大臣賞」(2011)ほか受賞多数。ポンピドゥー・センターをはじめ、世界の主要な美術館に作品がコレクションされている。

ABOUT THE GINZA SPACE

THE GINZA SPACE

株式会社ザ・ギンザの価値観を通して
選ばれるさまざまなコンテンツの発信や体験ができる、
クリエイティブなマルチスペースです。
アーティストとのコラボレーションによる展示や
トークライブ、セミナーなどを通じて自分の感覚が拓かれる、
ここにしかないユニークで贅沢な場所です。

ACCESS

THE GINZA SPACE 地図

〒104-0061
東京都中央区銀座 5-9-15 銀座清月堂ビル B2F
TEL:03-5537-7825
営業時間: 11:00~19:00
定休日: 不定休

  • 東京メトロ銀座線/東京メトロ丸ノ内線/東京メトロ日比谷線
    「銀座」駅 徒歩3分
  • 東京メトロ日比谷線/都営浅草線
    「東銀座」駅 徒歩3分
  • 東京メトロ有楽町線/JR山手線/JR京浜東北線
    「有楽町」駅 徒歩9分

TOP